協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト > 石巻市

青年海外協力隊OB有志による東日本大震災・被災地支援活動。宮城県石巻市,渡波小学校を拠点に活動中です。ボランティア募集情報など。

記事一覧

ホーム > 石巻市

被災女性の開業支援(静岡新聞)

宮城県石巻市で支援活動を続ける菅野OBの活動が静岡新聞に掲載されました。

(協力隊OV有志による震災支援の会)
 http://exjocv2011.blogspot.com/

(静岡新聞)
 http://www.at-s.com/news/detail/100092779.html


石巻の弁当店、裏方は県内元協力隊員 被災女性の開業支援

 県内の元青年海外協力隊員らが東日本大震災の復興支援のために設立した組織「協力隊OV(オールドボランティア)有志による震災支援の会」(菅野芳春代表)は、宮城県石巻市の女性たちが始めた宅配型弁当店の運営を現地でサポートしている。「雇用を生み出すことが、職を失った人の一番の支えになる」と弁当店の開業を提案し、今は裏方として手伝っている。
 弁当店は石巻市立渡波(わたのは)小の避難所で炊き出しを行っていた女性たちが昨年11月に開店した。店名は「ワタママ食堂」。食事の調達が困難な仮設住宅の高齢者などへ弁当や総菜を届けている。
 支援の会は昨年3月の震災直後から、同避難所で物資整理などのボランティア活動を開始した。協力隊員として貧困な人が多い国に身を置いた経験から、収入を得て自立してもらうことが生きがい創出になると考え、5月から避難所にいた母親20人を炊き出し担当の有償ボランティアとして雇った。
 「避難所閉所後も仕事を続けたい」との声を受け同会が弁当店開業を提案。店舗探しなど開店準備に関わり、現在は菅野代表が連日店舗で配達準備を手伝う。週末には他のメンバーも現地を訪れる。
 店のスタッフは調理担当の女性4人と配達担当の男性2人。弁当は一食350円。避難所で高齢者から喜ばれたサワラの塩焼き、煮物などをメニューに取り入れた。
 当初40食だった受注は、1月に入り目標の200食を達成した。菅野代表は「主役はあくまで地元のお母さんで、そのやる気を引き出すのがわれわれの役目。店が忙しくなれば新たな雇用につながる」と期待している。

ページ移動