協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト > 渡波小学校

青年海外協力隊OB有志による東日本大震災・被災地支援活動。宮城県石巻市,渡波小学校を拠点に活動中です。ボランティア募集情報など。

記事一覧

ホーム > 渡波小学校

JICAの経験生かし自立サポート(山形新聞)

12月19日付の山形新聞に菅野OBの活動紹介記事が掲載されました。

http://yamagata-np.jp/feature/shinsai/kj_2011121901507.php

<以下、転載>
 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市渡波(わたのは)地区に、尾花沢市出身の菅野芳春さん(47)が移住し、地道な復興支援に取り組んでいる。国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員としてアフリカ・ガーナで活動した経験を生かし、被災者の自立をサポート。現在は地元の女性らによる宅配弁当店「ワタママ食堂」の運営を全面的にバックアップしている。

 菅野さんは山形大工学部を卒業後、静岡県の精密機器製造会社に就職。39歳の時、青年海外協力隊員(理数科教師)としてガーナに渡った。2年3カ月の任期を終え帰国後、ガーナの雇用創出に貢献しようと、サトウキビ栽培を学ぶため去年1月、沖縄県に移り住んだが、今年3月11日の大震災発生を受け、協力隊経験者に呼び掛け「支援の会」を設立。被害の大きかった石巻市に移住した。

 10月まで渡波小学校の避難所を拠点に活動。早くから当番制を提案し、被災者自身に掃除、炊事、物資運搬など役割を担ってもらった。「支援者が全てやってしまうと受け身になり、自立心が失われてしまうことをガーナで学んだ。被災地は大変な状況だったが、自分たちのことは自分たちでという意識を持ってもらえるよう努力した」

 炊き出しは最大で1日1800食を提供した。途中から有償ボランティアの仕組みを取り入れ、地元の雇用を生み出しながら復興支援に当たったが、10月11日に避難所が閉鎖され、女性たちは「失業」。雇用を継続するとともに、仮設住宅などで暮らすお年寄りの食をサポートしようと、11月21日にワタママ食堂をオープンさせた。

 店舗は被災したラーメン店を活用。日替わり弁当は350円と割安で、総菜も扱う。ワタママ食堂代表の阿部恵久代さん(53)は自宅が全壊、津波で父を失った。「村山市で父の火葬をしていただくなど山形の人には大変お世話になった。経営を軌道に乗せて自立できるようにしたい」

 菅野さんは石巻専修大の敷地にテントを張って生活していたが、台風で破損したため、8月からは被災住宅を無償で借りている。電気、ガス、水道いずれも使用できないが、「ガーナでは当たり前の暮らし」。

 目標は「弁当と一緒に笑顔を届け地域全体を元気にすること」。「自立できるまでサポートするのが自分の主義。復興の芽が出て終わりではなく、大地に根っこが生えるまでしっかり支えたい」と話していた。

渡波小学校避難所 閉所式

※協力隊OV有志による震災支援の会サイトより転載
 http://exjocv2011.blogspot.com/2011/10/blog-post_16.html


10月15日11:45より渡波小学校はまなす教室において、渡波小学校避難所の閉所式を行いました。

閉所式にはこれまで渡波小避難所で過ごした40名ほどの被災者の皆さんと、これまで避難所の運営に携わってきた本部の方々、また週末に渡波小で活動してきた愛知県ボランティアセンターの10名ほどのボランティアの方々、そして3月20日から炊き出しを中心に渡波小で休みなく支援活動を行ってきた協力隊OB2名が参加して行われました。


閉所式では、初めに避難所の運営に長期に渡り携わってきた高橋さん(高橋館長)と山田さんにご挨拶を頂いた後、協力隊OBを代表して稲見さんからこれまでの避難所で生活してきた皆さんへの労いのことばがあり、それに対して被災者を代表して丹野さん(2階長)と馬場さん(最後の避難所住民)からお礼のことばがありました。

最後に、参加された皆さんで渡波小学校の校歌を合唱し、閉所式を終えました。その後、渡波小での最後の炊き出しの「チラシ寿司」を皆さんで一緒に頂きました。


これで、渡波小学校避難所は閉鎖することになりますが、この避難所で生活された被災者の皆さんやここで活動したボランティアの皆さんにとっては、この場所が出会いの場であり、苦楽を共にしたところです。

この閉所式は被災者の皆さんにとっては一つの区切りであり、卒業式のようなものになったのではないでしょうか。


これからは仮設住宅等に移られて新たな生活がスタートします。そこでの生活は決して楽なものではなく、避難所以上に辛いことが多くあるかと思います。それでも、この避難所で出会った人同士がぜひ今後も助け合い、力を合わせて厳しい仮設生活を乗り切ってほしいと切に願います。

私たち協力隊OB有志は今後も石巻渡波を拠点に支援活動を継続していきます。渡波小学校避難所が閉鎖しても私たちの活動に終わりはありません。


今後とも皆さんのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

(菅野)

渡波小学校避難所 閉鎖のお知らせ

ついに、10月11日に石巻市渡波小学校避難所が閉鎖となりました。ここに来てくれた多くの仲間や協力隊OBOGの皆さんに感謝します。

震災から7ヶ月、本日まで休まず炊き出しを続けてきました。本日までご支援・ご協力して頂いた皆さん本当にありがとうございました。


10月15日(土)に渡波小学校避難所閉所式を行います。お時間ある方は是非お越しください。

渡波小学校避難所は閉鎖しましたが、私たちの石巻渡波での活動はまだまだ続きます!今後ともご支援・ご協力をお願いいたします。

ページ移動