協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト > 活動報告

青年海外協力隊OB有志による東日本大震災・被災地支援活動。宮城県石巻市,渡波小学校を拠点に活動中です。ボランティア募集情報など。

記事一覧

ホーム > 活動報告

渡波小学校避難所 閉所式

※協力隊OV有志による震災支援の会サイトより転載
 http://exjocv2011.blogspot.com/2011/10/blog-post_16.html


10月15日11:45より渡波小学校はまなす教室において、渡波小学校避難所の閉所式を行いました。

閉所式にはこれまで渡波小避難所で過ごした40名ほどの被災者の皆さんと、これまで避難所の運営に携わってきた本部の方々、また週末に渡波小で活動してきた愛知県ボランティアセンターの10名ほどのボランティアの方々、そして3月20日から炊き出しを中心に渡波小で休みなく支援活動を行ってきた協力隊OB2名が参加して行われました。


閉所式では、初めに避難所の運営に長期に渡り携わってきた高橋さん(高橋館長)と山田さんにご挨拶を頂いた後、協力隊OBを代表して稲見さんからこれまでの避難所で生活してきた皆さんへの労いのことばがあり、それに対して被災者を代表して丹野さん(2階長)と馬場さん(最後の避難所住民)からお礼のことばがありました。

最後に、参加された皆さんで渡波小学校の校歌を合唱し、閉所式を終えました。その後、渡波小での最後の炊き出しの「チラシ寿司」を皆さんで一緒に頂きました。


これで、渡波小学校避難所は閉鎖することになりますが、この避難所で生活された被災者の皆さんやここで活動したボランティアの皆さんにとっては、この場所が出会いの場であり、苦楽を共にしたところです。

この閉所式は被災者の皆さんにとっては一つの区切りであり、卒業式のようなものになったのではないでしょうか。


これからは仮設住宅等に移られて新たな生活がスタートします。そこでの生活は決して楽なものではなく、避難所以上に辛いことが多くあるかと思います。それでも、この避難所で出会った人同士がぜひ今後も助け合い、力を合わせて厳しい仮設生活を乗り切ってほしいと切に願います。

私たち協力隊OB有志は今後も石巻渡波を拠点に支援活動を継続していきます。渡波小学校避難所が閉鎖しても私たちの活動に終わりはありません。


今後とも皆さんのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

(菅野)

タグ:渡波小学校

石巻渡波支援7月11日【東京OB会 羽熊報告】

協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 40-1.jpg協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 40-2.jpg協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 40-3.jpg協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 40-4.jpg

東京OB会 副会長羽熊 広太です(11-3グアテマラ食品加工)。
3月、5月に続いて、7月11日に2ヶ月ぶりに渡波小学校を訪れました。
近くの道や建物の瓦礫の撤去などがすすみ、以前に比べて見違えるようでしした。学校内部やグラウンドは多くのボランティアが手作業で片づけをしてくれたおかげです。

私は今回は妻と一緒に日帰り、夫婦ボランティアをしてきました。
料理人だった私はホットケーキを300枚ほど焼きました。美容師の妻はその間女性を中心にヘアーカットを33人しました。
現場でとどまっている隊員OBや、大学生、今回初参加の職場の友人等にも手伝ってもらいました。
ホットケーキ自体は焼くのは簡単ですが、夏になって、キッチンは蒸し風呂状態で、何よりもハエの大量発生して大変な状態でした。ハエとり紙や殺虫剤がいくらあっても足りない状況でした。扇風機も絶対的に不足していました。現地に行った倉科OBから扇風機寄贈の提案があり、計画中です。
学校の裏にこの渡波小ボランティア用に借りた半壊していた家も見てきましたが、多くのボランティアの作業により人が泊れるまで修復されていました。現在は基本テント生活のようですが。
今度行くときには泊れるようになっているかと思います。

7月9日10日渡波小学校【倉科OB報告】

(写真をクリックすると拡大します)


協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 39-1.jpg

石巻漁港近くの工業地帯。国道240号線だと思う
ビックリするほど大きいタンクが中央分離帯に残されていた。


協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 39-2.jpg

石巻市追浜湾近くの北上川沿いの道路
残念ながら歩く人はいなかった。この標識(横断歩道)を掲げた人は強く復興を信じていたに違いない。


協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 39-3.jpg

石巻市追浜湾、国道398号線、上大平のトンネル近く
道路脇に網が打ち上げられていたが、海面から10m以上あった。この日(2011年7月9日)、海は穏やかで、一体どの位の規模の津波が来たのか想像できない。


協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 39-4.jpg

石巻市追浜湾。
被災した車が整然と並べられていた。無事を願う。


協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 39-5.jpg

石巻市渡波
今だ排水などが十分でない中、家に帰ってきている人がいる。洗濯物、布団干し、普段の家事に人の動きを感じ、嬉しくなる。


協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 39-6.jpg

石巻市鹿島御児神社から南浜方面を見る。
この地域が石巻で最も被害を受けたそうで、2000人が亡くなったと聞いた。合掌


協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 39-7.jpg

石巻市渡波小学校
衣類の支援はたくさん届いている。サイズごとの分類、整理に多くの人出をかけていたので、あらかじめ分別してくれると助かる。


協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 39-8.jpg

石巻市渡波小学校の七夕の願い


協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 39-9.jpg

石巻市南浜地区の献花台
多くの方々が祈りを捧げていた。早い復興と遺族、被災者へのケアを願う。

タグ:ボランティア 渡波 支援

ページ移動

↑ページトップへ