協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト > お知らせ

青年海外協力隊OB有志による東日本大震災・被災地支援活動。宮城県石巻市,渡波小学校を拠点に活動中です。ボランティア募集情報など。

記事一覧

ホーム > お知らせ

被災女性の開業支援(静岡新聞)

宮城県石巻市で支援活動を続ける菅野OBの活動が静岡新聞に掲載されました。

(協力隊OV有志による震災支援の会)
 http://exjocv2011.blogspot.com/

(静岡新聞)
 http://www.at-s.com/news/detail/100092779.html


石巻の弁当店、裏方は県内元協力隊員 被災女性の開業支援

 県内の元青年海外協力隊員らが東日本大震災の復興支援のために設立した組織「協力隊OV(オールドボランティア)有志による震災支援の会」(菅野芳春代表)は、宮城県石巻市の女性たちが始めた宅配型弁当店の運営を現地でサポートしている。「雇用を生み出すことが、職を失った人の一番の支えになる」と弁当店の開業を提案し、今は裏方として手伝っている。
 弁当店は石巻市立渡波(わたのは)小の避難所で炊き出しを行っていた女性たちが昨年11月に開店した。店名は「ワタママ食堂」。食事の調達が困難な仮設住宅の高齢者などへ弁当や総菜を届けている。
 支援の会は昨年3月の震災直後から、同避難所で物資整理などのボランティア活動を開始した。協力隊員として貧困な人が多い国に身を置いた経験から、収入を得て自立してもらうことが生きがい創出になると考え、5月から避難所にいた母親20人を炊き出し担当の有償ボランティアとして雇った。
 「避難所閉所後も仕事を続けたい」との声を受け同会が弁当店開業を提案。店舗探しなど開店準備に関わり、現在は菅野代表が連日店舗で配達準備を手伝う。週末には他のメンバーも現地を訪れる。
 店のスタッフは調理担当の女性4人と配達担当の男性2人。弁当は一食350円。避難所で高齢者から喜ばれたサワラの塩焼き、煮物などをメニューに取り入れた。
 当初40食だった受注は、1月に入り目標の200食を達成した。菅野代表は「主役はあくまで地元のお母さんで、そのやる気を引き出すのがわれわれの役目。店が忙しくなれば新たな雇用につながる」と期待している。

タグ:石巻市 渡波 弁当店

JICAの経験生かし自立サポート(山形新聞)

12月19日付の山形新聞に菅野OBの活動紹介記事が掲載されました。

http://yamagata-np.jp/feature/shinsai/kj_2011121901507.php

<以下、転載>
 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市渡波(わたのは)地区に、尾花沢市出身の菅野芳春さん(47)が移住し、地道な復興支援に取り組んでいる。国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員としてアフリカ・ガーナで活動した経験を生かし、被災者の自立をサポート。現在は地元の女性らによる宅配弁当店「ワタママ食堂」の運営を全面的にバックアップしている。

 菅野さんは山形大工学部を卒業後、静岡県の精密機器製造会社に就職。39歳の時、青年海外協力隊員(理数科教師)としてガーナに渡った。2年3カ月の任期を終え帰国後、ガーナの雇用創出に貢献しようと、サトウキビ栽培を学ぶため去年1月、沖縄県に移り住んだが、今年3月11日の大震災発生を受け、協力隊経験者に呼び掛け「支援の会」を設立。被害の大きかった石巻市に移住した。

 10月まで渡波小学校の避難所を拠点に活動。早くから当番制を提案し、被災者自身に掃除、炊事、物資運搬など役割を担ってもらった。「支援者が全てやってしまうと受け身になり、自立心が失われてしまうことをガーナで学んだ。被災地は大変な状況だったが、自分たちのことは自分たちでという意識を持ってもらえるよう努力した」

 炊き出しは最大で1日1800食を提供した。途中から有償ボランティアの仕組みを取り入れ、地元の雇用を生み出しながら復興支援に当たったが、10月11日に避難所が閉鎖され、女性たちは「失業」。雇用を継続するとともに、仮設住宅などで暮らすお年寄りの食をサポートしようと、11月21日にワタママ食堂をオープンさせた。

 店舗は被災したラーメン店を活用。日替わり弁当は350円と割安で、総菜も扱う。ワタママ食堂代表の阿部恵久代さん(53)は自宅が全壊、津波で父を失った。「村山市で父の火葬をしていただくなど山形の人には大変お世話になった。経営を軌道に乗せて自立できるようにしたい」

 菅野さんは石巻専修大の敷地にテントを張って生活していたが、台風で破損したため、8月からは被災住宅を無償で借りている。電気、ガス、水道いずれも使用できないが、「ガーナでは当たり前の暮らし」。

 目標は「弁当と一緒に笑顔を届け地域全体を元気にすること」。「自立できるまでサポートするのが自分の主義。復興の芽が出て終わりではなく、大地に根っこが生えるまでしっかり支えたい」と話していた。

タグ:渡波小学校 ワタママ食堂

『わたしはここにいます~石巻・門脇小学校・夏』上映会

東日本大震災の復興期を活きる「こども・家族・教師・地域の人たち」の6月~8月をまとめた、短編映画『わたしはここにいます~石巻・門脇小学校・夏』の上映会が開催されることになりました。

〔上映会・開催日時〕
 日時:10月22日(土)13時~、14時~
 場所:仙台市二日町 宮城自治労会館5F 022-222-6814

 日時:10月23日(日)13時~、14時~
 場所:加美町中新田公民館 0229-63-2029

 日時:10月29日(土)14時~
 場所:東京都渋谷区 笹塚公民館 03-3377-1060

 日時:10月30日(日)14時~
 場所:「楠の木学園」横浜市港北区小机町2482-1 045-473-7880


この短編映画では、震災後のこどもたちの成長と、学校、保護者や地域の人たちのくらしとコミュニティづくりなど、困難のさなかにある人びとの<いま>を丹念に記録した内容となっています。

今回の上映は、現在、映画『宮城からの報告―こども・学校・地域』制作委員会が中心となって、東日本大震災から立ち上がる人々の再生に寄り添うをテーマに制作中のドキュメンタリー映画の予告編(30分)として作成されたものです。

なお完全版(120分)については、2012年10月に完成予定となっています。


映画『宮城からの報告―こども・学校・地域』制作委員会公式サイト:
http://www.miyagireport.org/

タグ:映画

ページ移動

↑ページトップへ