石巻渡波支援7月11日【東京OB会 羽熊報告】 - 協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト > 活動報告

青年海外協力隊OB有志による東日本大震災・被災地支援活動。宮城県石巻市,渡波小学校を拠点に活動中です。ボランティア募集情報など。

記事一覧

ホーム > 活動報告 > 石巻渡波支援7月11日【東京OB会 羽熊報告】

石巻渡波支援7月11日【東京OB会 羽熊報告】

協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 40-1.jpg協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 40-2.jpg協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 40-3.jpg協力隊OB石巻市震災支援プロジェクト 40-4.jpg

東京OB会 副会長羽熊 広太です(11-3グアテマラ食品加工)。
3月、5月に続いて、7月11日に2ヶ月ぶりに渡波小学校を訪れました。
近くの道や建物の瓦礫の撤去などがすすみ、以前に比べて見違えるようでしした。学校内部やグラウンドは多くのボランティアが手作業で片づけをしてくれたおかげです。

私は今回は妻と一緒に日帰り、夫婦ボランティアをしてきました。
料理人だった私はホットケーキを300枚ほど焼きました。美容師の妻はその間女性を中心にヘアーカットを33人しました。
現場でとどまっている隊員OBや、大学生、今回初参加の職場の友人等にも手伝ってもらいました。
ホットケーキ自体は焼くのは簡単ですが、夏になって、キッチンは蒸し風呂状態で、何よりもハエの大量発生して大変な状態でした。ハエとり紙や殺虫剤がいくらあっても足りない状況でした。扇風機も絶対的に不足していました。現地に行った倉科OBから扇風機寄贈の提案があり、計画中です。
学校の裏にこの渡波小ボランティア用に借りた半壊していた家も見てきましたが、多くのボランティアの作業により人が泊れるまで修復されていました。現在は基本テント生活のようですが。
今度行くときには泊れるようになっているかと思います。

トラックバック一覧

コメント一覧